ABMORIの植樹後 モニタリング調査

平成30年9月29日(土)中野西高等学校の生徒81人により、ABMORIで植樹した苗のモニタリング調査が行われました。
小雨の中、過去5回のABMORI会場である前山・笠岳・蓮池に班ごとに分かれて、植えた苗約5万本の内約900本の苗木の直径や樹高を測定しました。

調査は今後も継続し、集計したデータを基にABMORIの植樹方法や将来の森林形成を検証します。
※今年植えた約1万本の苗木の購入代については、長野県の森林づくり推進支援金が充当されています。

9月末といっても志賀高原では紅葉が始まっている時期。寒い中お疲れ様でした!!

シェアお願いします!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください