循環型社会って?

ABMORIは2014年から志賀高原の森林再生を続けています。
閉鎖されたスキー場を少しでも早く元の森林に戻す為の自然へのお手伝いです。
森林は人間や動物に空気や水をはじめとして、様々な恵みを与えてくれます。

でも、
植えるだけでいいのか?
育てるだけでいいのか?
今年のABMORIでは木の活用もしたいと思います。

中島芭旺さんABMORIでお待ちしております

なんだかアメブロでABMORIというキーワードが飛び交ってる。。。
光栄ですね、ぜひ志賀高原へ、第4回ABMORIへ来てください。お待ちしていますよ。



 

中島芭旺さんについてはまとめ記事が詳しいです(^^;
https://matome.naver.jp/odai/2141963868498283401

本も出版されているようです。なんだかスゴイ~…

冬ごもり

ABMORI会場にも雪が舞い始めました。

これから、苗は長い冬ごもりに入ります。

ABMORIのお隣、熊の湯スキー場では既にゲレンデオープン。
スキーは持っていなくても、この風景にはわくわくさせられますね。

ABMORIを拡げる!サテライトプロジェクト

「後世に残そう森・水・いのち」~志賀高原から世界へ 未来へ~
ABMORIでは山ノ内町立東小学校児童と中野西高校生徒による育苗プロジェクトを進めています。
ABMORIのコンセプトを更に多くの皆さんに知っていただくため、山ノ内中学校の生徒の皆さんによる出張植樹イベントを企画しました。
今回お邪魔したのは群馬県玉村町。
玉村中学校と山ノ内ベースボールクラブの親善試合に合わせて、アオダモの苗を植樹しました。
今後、人的交流を通じてABMORIを全国に広げてゆきたいと考えています。

どんぐりを植えよう

ABMORIのお手伝いをしてもらっている東小学校の1・2年生とどんぐりの播種をしました。
この日植えたどんぐりは、この子たちが5年生になったときにABMORIで市川海老蔵さんと植樹する予定です。
どんぐりを植えるときのお約束は、優しく土を被せることと笑顔。
何度会ってもこの子たちの笑顔には癒されます。