ABMORI2017PRイベントモンベル

ABMORI2017キックオフイベント

今日から3日間、モンベル御徒町店にてキックオフイベント開催です。
目玉は、イベントTシャツ。

モンベルさんのご協力で限定500着。
イベントカラーのライトグリーンでシンプルに仕上がりました。
育苗協力金8口(4,000円)で1着プレゼントします。
また、ご来場いただきました方で、公式フェイスブック、インスタグラムにフォローいただきました方にイベントの際に便利な特製携帯防水袋をプレゼントします。
会場でお待ちしてます!

特製グッズのご紹介 Vol.3

第3弾は、既にご紹介してきている木製ストラップ。
半世紀以上前の小学校で子どもたちが使っていた机が、廃棄処分されることを知り、いただいて来ました。
素材はナラ。
机の天板を厚さ4㎜にスライスし、レーザーで「海老蔵」と透かし彫りにしました。
初回の制作は200個。

4/28~4/30のキックオフイベントにてお披露目です。
協力金2口(1,000円)で1つプレゼントします。

特製グッズのご紹介 Vol.2

第2弾は、ABMORI特製七味唐辛子。
ABMORIで皆さんに召し上がっていただく予定のタケノコ汁に合うよう調合しました。
調合にご協力いただいたのは長野土産でおなじみの根元八幡屋磯五郎さんと佐久市で安養寺味噌ラーメンを展開する七代目助屋さん。
夏の志賀高原をイメージした爽やかな香りをお試しください。
こちらも4/28~4/30にて開催するキックオフイベントで先行お目見えです。
協力金2口(1,000円)で1つ進呈させていただきます。

2017特製グッズのご紹介 Vol.1

今年もABMORI育苗協力金グッズを制作しました。
まずご紹介するのは、ABMORI特製マフラータオル。
ABMORIに参加いただいた皆さんからの声が最も多かったマフラータオルが今治製で実現しました。

4/28~4/30 モンベル御徒町店(JR山手線 御徒町駅から徒歩2分)にて、開催するABMORI2017キックオフイベントにて初お目見えです。
会場で2,000円のABMORI育苗協力金を納付いただいた方に1枚プレゼントします。
また、「期間中会場に行くことができない!」という方のために別途インターネット受付も予定しておりますので、少々お待ちください。
一刻も早く入手したいという方は、キックオフイベントにお越しいただきますようお願いいたします。

ABMORI2017キックオフイベントを開催

ABMORI2017参加者受付開始となる4/28から3日間、東京のモンベル御徒町店4FサロンにてABMORI2017キックオフイベントを開催します。
当日は、これまでのABMORIの活動写真の展示やDVDの放映を予定しています。
また、新作のABMORIグッズをご用意して育苗協力金の受付を行います。
グッズのラインナップは、
①ABMORI2017特製Tシャツ(モンベル製 8口4,000円)
②ABMORIマフラータオル(4口2,000円)
③ABMORIストラップ(2口 1,000円)
④ABMORI特製七味唐辛子(2口 1,000円)など・・・
4/28(金) 12:00~18:00
4/29(土) 10:00~18:00
4/30(日) 10:00~18:00
イベント日程等はモンベルHPからご覧ください。
(http://store.montbell.jp/search/shopinfo/indoor/…)

ABMORIサテライト2

2017年3月20日滋賀県草津市にて2箇所目となるABMORIサテライト植樹を行いました。
今回は滋賀県草津市と大津市を中心に活動する野球チーム『湖南クラブ』の皆さん。

サテライトプロジェクトは人的交流とABMORIの活動PRを目的としています。
「道具を大事に使うことは普段から指導しているが、バットの材料となるアオダモを植えるという実践の中から道具を大事に使うという本当の意味を知ってほしい。」
湖南クラブの選手はもとより、指導者・保護者の皆さんの熱く、優しい気持ちに触れられたこと、本当に勉強になりました。
また、植樹地を提供いただきましたダイキン工業さんにも心から御礼申し上げます。

循環型社会への取り組み

ABMORI2017では、これまでの「植える」、「育てる」に加えて「活用する」活動を始めます。
目指すは、循環型社会。

半世紀以上前に使用されていた机ですが、ABMORIのコカリナ演奏でも協力してくれている山ノ内北小学校の倉庫に眠っていたものです。
このまま廃棄されるのは忍びない。
ナラの木でできた天板を削ってみるときれいな木目が出てきました。
どんな姿に生まれ変わるか… 

木製ストラップ。(たて45㎜、よこ15㎜)
育苗協力金にご協力いただいた方にプレゼントしたいと思っています。
しかしながら、製作できる数量は材料次第…
製作できる数量が決定しましたら協力金の口数と併せてお知らせしますので、もう少しお待ちください。
写真を見ての感想やこういうものを作ってほしいというご意見等ありましたら、コメントをお願いします。

循環型社会って?

ABMORIは2014年から志賀高原の森林再生を続けています。
閉鎖されたスキー場を少しでも早く元の森林に戻す為の自然へのお手伝いです。
森林は人間や動物に空気や水をはじめとして、様々な恵みを与えてくれます。

でも、
植えるだけでいいのか?
育てるだけでいいのか?
今年のABMORIでは木の活用もしたいと思います。