これまでABMORIに参加された方へ

「参加者レビュー」への書き込みにご協力ください。これから参加される方やスタッフにとって参考になります。皆さまからのご意見を今後の企画・運営に反映させ、より良い活動にしてまいります。

※メールアドレスは公開されません。

1.(必須)お名前またはニックネーム

2.(必須)メールアドレス

3.

4.一般参加者学校で参加植樹リーダーとして参加

5.学生の場合は学校名

6.題名

7.本文

8.写真添付

IMG_2194 IMG_2188 IMG_2191

今回、息子を誘って初めて参加させていただきました。息子といっても、23歳の社会人。快く引き受けてくれ、楽しい一時を過ごすことが出来ました。
植樹前のオープニングイベント、地元の子供たちの発表や、海老蔵さんのトーク、楽しく拝見いたしました。
植樹が始まり、斜面での植樹は簡単ではなく、周りの方々と協力しながら植樹が終わり、わらを運びひきつめる作業も楽ではありませんでした。同じグループの方との協力あってのことでした。
こんな体験は久しぶりのことで、最後のロープ張りが終わった時は自分の場所が一番キレイに、早く仕上がった気がして、達成感を味わえました。
もう少し、海老蔵さんとの交流ができたらもっと嬉しかったのですが、仕方ありませんね!
総合会館でのたけのこ汁、カレーも美味しくいただきました。
来年も参加したいと思いましたが、今回植樹した苗かどれだけ育っているか見たいと感じました。
素晴らしいイベント、ありがとうございました。

キヨミさん

初めての参加でしたが、とても楽しかったです。息子に樹木の大切さを教える機会になりました。息子も一生懸命に植樹したり、藁を運んでいました。可能なら来年もまた参加して今回植樹したものを見て、樹の強さと弱さ、山ができる過程を見せてあげたいです。

image2

Mさん

2016-2

■ここがよかった
海老蔵さんが 参加者の中から選んだ人が檀上で木の名前を連呼する。
ボランティアの中高生ががんばっていた。

■ここがよくなかった
オープニングセレモニーが長い
植え方講座が解りにくい

■次回はこうしてほしい
アリーナのブルーシート・・靴を履いたまま腰を下ろす人もいるので、配置を考慮してほしい。
ボランティア高校生・・各ブロック担当の学生に名前で呼びかけたいので 名札をつけてもらえないか。
藁を引きつめる際のリレーの方法の指導・・人員整列時に交互に向き合いジグザクに並び 斜め前から受け取り斜め前に渡す。
ABMORI-HPの写真更新・・約一年のボランティアの活動写真をたくさん掲載してほしい。
木々の成長写真もあれば嬉しい。
木の苗・・買って自宅でも植える事ができないか。

ミユキさん

先日のABMORI大変楽しく参加させていただきました。初めての植樹で多少戸惑いましたが、高校生がリーダーシップを発揮して指導してくれました。
僕は娘2人と参加したのですが、参加したきっかけは麻央さんの回復を祈って天に願いが届けばという想いからでした。
社会貢献は献血くらいしかしたことがなかったので、「良い事してる」という満足感と綺麗な自然や地元の学生に囲まれて、普段体験できない素敵な時間を過ごすことができました。
初めて会った方と協力しながらの植樹は、慣れない作業で戸惑いながらも完成した時の充実感は最高でした。
また来年も参加したいと思います。

開会式は地元の小学生の合奏と海老蔵さんのトークで盛り上がりましたね。海老蔵さんと参加者の方の掛け合いが面白かったです。
敢えて改善点を挙げるとすれば、チームリーダーの段取りでしょうか。
慣れない作業を仕切るのは当然大変なことですので、四苦八苦しながらも高校生リーダー達はリーダーシップを発揮することの難しさを学んだことと思います。
それと植樹後の楽しみをもう少し増やしたほうが良いかもしれません。
抽選会などいかがでしょうか。多少は会費を取っても良いと思います。

次回も楽しみにしています。

なおきさん

初めての参加でしたが、会場までの経路や植樹方法など、とてもきめ細やかに案内して頂いてわかりやすかったです。
ただ、植樹時間が押してしまったせいか、昼食の時間があまり取れないままシャトルバスに乗らなくてはならず、グッズなどを見ている余裕がありませんでした。
また、今回は1歳7カ月の娘も一緒の参加でした。出来ればおむつ替えの場所について案内があると良かったです。
来年も是非参加したいと考えています。
植樹した木々が成長する様子も楽しみにしたいと思います。

image1

由加志さん

今年、初めて参加させていただきました。
斜面での植樹作業や藁運びなど、思っていたも大変でしたが、楽しくもあり、貴重な体験となりました。
ただ1つ気になったのは、開会式後の斜面へ移動する前の、番号のプラカードを持った人の待機位置が効率的ではなかったような気がします。
「番号のところへお集まりください」とアナウンスされても、人がたくさんで、その場所へ行けなかったので、途中で待って合流した次第でした。
アナウンスの言い方を変えるか、場所を検討したほうが良いのでは?と感じました。
体育館へ戻って、竹の子汁やカレーをいただきました。とても美味しかったです。
地元の方々の事前の準備、後片づけなど、とても大変だったと思いますが、町を盛り上げていこうという、強い思いに感動しました。
また来年も参加させていただきたいと思います。

DSC_0804 DSC_0800

かずえさん

今回で2回目の参加です。植樹が始まる前に私の両親くらいの御夫婦と話す機会がありました。ずっとブナの木を植樹されていて、10年であとは見守る体制になって寂しさを感じた時にエビモリを知り1回目から参加されているそうです。
子供達には笑顔で「植樹好き?また来年も再来年も来てね」私達には「本当に自然を守りたい人しかこなくなるのよ。。。」と寂しそうに話してくださいました。
そんな思いをもって参加されている方の言葉も発信されたらな。。。と思っております。

DSC_3344

なみこさん

毎年、参加させていただくのを楽しみにしております。私達が植えた苗木がすくすく育ち、やがて森になることを夢見て、微力ながらずっと続けていきたいので、実行委員会の方たちも大変かと思いますが、ずっと続けていってください。

名無しさん

あれだけの準備、大変だったと思います。ありがとうございました。
大学の先生の代わりに来てみえた方…  もし、苗木の名前を3回言ってからっていうのが大事なら、苗に名前がついているといいな…と思いました。海老蔵さんがフォローしてくださらなかったら、もっと植樹が遅くなっていたと思います。各自が3回唱えてから植えたほうが、先生のポリシーに合っていると思います。でも、準備してくださる方の余裕があれば…です。苗木に名札をつけるのは、とっても大変だとわかりますので…
整地や当日までの準備、地元の子どもたちの巻き込み…本当に大変だったと思います。今年、初めての参加でしたが、来年も参加させていただきたいと思っています。
エビモリがずっと続きますように…

かずえさん