全国から1000人近くの参加者が集まりましたが、来れられたきっかけは皆さんさまざまで、
「植樹に興味がある!」「志賀高原に来てみたかった!」「友人に連れられて♪」「海老蔵さんのファンだから♡」などなど✨
きっかけは何でもよく、来て楽しんで、ちょっと知ってもらえることがとても大事だなぁと思います。
かくいう私も植樹初体験で、30苗以上を植え、日焼けで鼻の頭が真っ赤になるほど熱中…でも、意外とシンプルな作業にびっくり!
《掘る→植える→藁で温める→紐で固定》
ざっくりと、こんな感じです(笑)
山ノ内町や地元の方々が、事前に土を耕してくれたのでとてもスムーズに作業できました✨
また、バケツリレー式で重たい藁を運んだり、斜面で手と手を取り合ったりと、全員での協力作業が何よりとても楽しかったです(*^^*)
この日に植えた苗は、10年かけて育てられ、本来のもとの姿の山に還る「本物の木」になります。生態系が狂わないように、苗の種類も厳選されたわけです。

温暖化で気温は上昇し続け、大気汚染やストレス社会が増す一方ですが、《大きく深呼吸ができる森》がきっと世界を救う…!
私もそう信じます。
志賀高原は、いつまでも志賀高原であり続けてほしい。
自然再生を通して守り抜いていきたいです。