志賀高原では冬が始まります

すでに紅葉が終わってしまった志賀高原。

標高約1,650m、2015年(第2回)〜2017年(第4回)ABMORIの植樹会場も広葉樹は葉を落とし、針葉樹も絶える樹、残る樹があり、長い年月をかけて淘汰されながら成長し、美しい森へと蘇っていきます。

まもなく雪に覆われる季節、また来年には若芽が出てくれることでしょう。