ABMORI2017に向けて現場作業開始!

今日からは、町のスタッフを動員しての現場作業が続きます。
現場は昨日から続く雨…
苗には水は必要
作業には雨は不要
悩ましいところです…

 

ABMORIでは植樹後の苗のために稲ワラで土を覆います。
ワラをそのまま置いてしまうだけでは風や雨で飛ばされてしまうため、ワラ縄で押さえる必要があります。
今日はそのワラ縄を縛り付けるための杭を打ち込みました。
その数約1,800本…
森に囲まれての森づくり、スキー場だったこの場所を元の森に戻す活動…
一つひとつの作業に意味があります。